JAL、シャンパーニュ・サロンのヴィンテージ ファーストクラスで

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL/JL、9201)は国際線ファーストクラスで、仏サロン社の高級シャンパン「シャンパーニュ サロン 2004 ヴィンテージ」を11月16日から提供する。2016年春の日本国内での一般販売に先駆けて用意する。

 シャンパーニュ サロンは、希少性が高く入手困難なことから「幻のシャンパン」と言われている。JALは2007年12月から、世界の航空会社で唯一国際線ファーストクラスで用意しており、現在は「2002 ヴィンテージ」を提供している。

 1900年代初めに設立されたサロン社は、完璧なバランスのシャンパンを醸造するために、原料のブドウが不作の年には作らず、適したブドウが収穫された年のみサロンを生産している。一般的なシャンパンの熟成期間が約3年間であるのに対し、サロンは約10年間かける。20世紀に醸造されたのは30数回のみであることから、幻のシャンパンと呼ばれている。

 JALによると、「2004 ヴィンテージ」は強いミネラル感とともに潮の香りも感じられ、豊かな酸味と洗練された清らかさを持ち合わせた、感動を湧き起こすシャンパンだという。

 対象路線は、成田発着がニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、シドニー、ジャカルタ線、羽田発着がサンフランシスコ、ロンドン、パリ線。